歯周病治療|レーザーを使ったむし歯・歯周病治療は千代田区神田「さとう歯科クリニック」へ

SATO DENTAL CLINIC

  • 完全予約制

    0352800184

    • BIOHORIXONS
    • Laser

    メールフォーム予約

歯周病治療


レーザーを使った歯周病治療

当院の歯周病治療はレーザーを用いて治療を行います。
レーザーのパワーによって水を高速で打ち出し、歯茎を切ったり、歯や骨を削ることができます。水で組織を切るために、治療時間は短く、痛みもほとんどありません。細胞や組織を破壊せずに治療が出来るので、治療後の治りも早いというメリットもあります。
歯周病治療のさいにはレーザーで歯肉を切開し、膿を出す際にレーザーを使用するため、炎症が早く治ります。

歯周病とは

歯を失う原因で最も多いのは、むし歯ではなく「歯周病」です。今や生活習慣病のひとつとも言われ、歯周病は放置しておくと全身疾患を引き起こす引き金にもなりかねない病気です。
「歯周病」によって歯を失う方は35歳頃から増加し、45歳以降では「むし歯」を抜いて歯を失う主原因のトップになります。
近年、歯周病原性細菌が全身の様々な疾患に影響を与えていることを示す研究結果が多数発表されてきています。

「サイレント・アーミー」~沈黙の病気~と呼ばれる歯周病

歯肉炎と歯周炎をあわせた歯周病には35~45歳で80%、45~55歳で88%の人がかかっているとの報告があります。また歯肉からの出血、口臭、歯肉の腫れ、これら全ての症状は歯周病の予備軍となりえます。
歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病原菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
歯肉に炎症がおきた状態を『歯肉炎』、それに加え歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を『歯周炎』といいます。
また、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

歯肉炎

プラークが歯の周りに付着することで歯肉に炎症が起こり、
歯周ポケットが作られます。
炎症の原因であるプラークが除去されると改善します。

歯周炎

歯肉炎が進行すると、歯を支えている骨(歯槽骨)にまで影響が及びます。
歯茎から出血や膿が出たり、口臭も強くなります。
歯槽骨が溶かされてしまい歯がグラグラして
最終的には歯が抜けてしまします。

歯周病の原因

歯周病の主な原因はプラーク(歯垢)中の細菌です。
歯周病原性細菌から出される毒素によって歯周ポケットが作られます。
ここは細菌にとって住みやすい環境です。
歯周ポケットの中では歯周病原性細菌が毒素をどんどん作り出し、歯周病を悪化させていきます。歯周病が悪化すると歯ブラシを当てただけで痛くなり、ブラッシングが疎かになります。
そうなると、さらに歯周病が悪化するという悪循環に陥ってしまいます。

歯周病治療

歯周病のもっとも基本的な治療法は、プラークコントロールです。
病原性プラークを除去し、口の中のプラークを正常なレベルに維持し、環境を整えることが重要です。そのために通常、歯垢や歯石の 除去とブラッシングの指導が行われます。

レーザーによる歯周病治療

歯周病の治療は超音波スケーラーを用いたスケーリングを基本とし、さらに赤色半導体レーザーを用いたPDT(フォトダイナミックセラピー)を行っています。
これにより抗生物質を使用せずに嫌気性菌を選択的に死滅させることが可能で、降圧剤を服用されている方にも問題なく受けていただけます。また、別の半導体レーザーとEr,Cr,YSGGレーザーによって歯周ポケットの内部を徹底的に殺菌するため、速やかな口腔環境の改善が行えます。

PDT(フォトダイナミックセラピー)とは

従来の歯周病治療にはスケーリングと抗生物質の投与があります。前者はスケーラーという機器で歯周ポケットの細菌を掻き出す治療法、後者は抗生物質で細菌を死滅させる治療法です。これらの治療法には「細菌を除去しきれない」「細菌が抗菌薬への耐性を持ってしまう」という欠点がありました。一方、PDTは、歯周ポケットのなかに薬剤を塗布してレーザーを当て、化学変化を起こして細菌を死滅させるというもの。従来法の欠点を克服し、原因菌を選択的に除去する画期的な治療法です。

研究が進むレーザーを使った歯周疾患治療

歯周病疾患の治療法では、効果的かつ為害性の少ない治療法である抗菌薬(PDT)が有効であり、治療法として他の機械的清掃法よりも優れている可能性があるとJournal of Periodontologyに発表されました。

低侵襲で安全な治療法

サンパウロ州立大学(ブラジル)の研究者らは、歯周疾患の治療にPDTを応用することにより、治療に伴って生じる歯周組織の侵襲を最小限にとどめることができることを明らかにしました。ラットを用いた今回の研究では、スケーリング、ルートプレーニングや抗菌薬療法に比較して、PDTは歯周組織に対するダメージが極めて少ないとこがわかりました。
同研究の共著者であるサンパウロ州立大学歯周学教室のValdir Gouveia Garcia氏は「PDTは、他の歯周病疾患の治療に較べて明らかに侵襲性が低かった。そのため、象牙質知覚過敏症になりにくく、周囲組織の炎症性反応も抑えられ、何より早期の組織の修復が可能になる」と述べています。
病原微生物の抗菌薬耐性獲得が進むなか、PDTは抗菌薬療法に代わりうる選択肢として期待され、今後ますます重要性が高くなると考えられます。

抗菌薬療法に代わりうる選択肢PDT

PDTにおいては、まず光反応の薬剤を局所に注入し、次に光線もしくはレーザーをその部位に照射します。光線が薬剤に作用することで光毒性反応が生じ、細菌の細胞を破壊します。
PDTは頭顔面部領域の皮膚における前癌病変の治療法として、1999年に初めて米国食品医薬品局(FDA)に認証された。
米国歯周病学会会長のPreston D.Miller氏は「この研究結果はとても興味深い。PDTは歯周疾患の治療法としておおいに有望である。さまざまな歯周疾患の治療法があるなかで、PDTは抗菌薬療法に代わりうる可能性を示した。抗菌薬の長期連用は薬剤の効果が減弱するばかりでなく、細菌の耐性獲得という危険性もはらんでいる。
学会としては、歯周疾患の治療へのPDTの適応に関する研究を、今後もサポートしていく考えである」と語っています。

ページトップへ戻る