レーザー治療|レーザーを使ったむし歯・歯周病治療は千代田区神田「さとう歯科クリニック」へ

SATO DENTAL CLINIC

  • 完全予約制(保険治療対応あり)

    0352800184

    • BIOHORIXONS
    • Laser

    メールフォーム予約

レーザー治療

         

レーザーによる歯科治療

レーザーは、虫歯の切削から軟組織の切除、殺菌や洗浄、除痛、治癒の促進など、さまざまな用途に使用ができます。
いずれの治療においても、レーザーを使用しない場合に比べ、治療の精度を高められると共に、低侵襲で患者様への負担を最小限に抑える処置が可能です。
当院では性質の異なる4つのレーザー機器を使い分け、質の高い歯科医療の提供に努めています。

当院がレーザーを使った歯科治療を選択する理由

理由1. 低侵襲で痛みのない治療

レーザーによる虫歯治療はドリルで虫歯を削るのとは異なり、摩擦による熱が発生しないため、神経の炎症を誘発せず、治療中の痛みがほとんどありません。
また、ドリルよりも細かく切削できるため、低侵襲で治療でき、削った面が滑らかに仕上がります。
そのため、詰め物・被せ物の適合も高くなり、より長持ちする治療が行えます。レーザーは患者様の身体的・精神的ストレスを軽減し、治療の質も向上させるツールであると言えます。

理由2. 高い殺菌・洗浄効果で細菌を排除

レーザーは殺菌効果や洗浄効果も優れているため、歯周病や根管治療においても大いに力を発揮します。
薬剤を併用するPDT(フォトダイナミックセラピー)は、スケーリングでは除去しきれない細菌も死滅させられるほか、抗生物質による耐性菌の発生も防止できます。
また、根管治療においてはレーザーによって狭い根管内を根こそぎ洗浄し、さらに殺菌も行えることから、細菌の取り残しや感染拡大のリスクを防止する上で非常に有効な手段となります。

理由3. 疼痛を取り除き、治癒を促進

レーザーは軟組織の治療にも有効です。舌小帯の切除などの外科手術では切開と同時に傷口を殺菌・凝固させるため、痛みや出血を抑制することが可能です。
また、顎間接症などの場合には組織の内部にレーザーを到達させ、痛みの元となる分子を散らすことで疼痛の緩和・解消が行えます。
さらにレーザーによっては細胞を活性化させる効果もあるため、外科手術による傷や顎関節症で傷んだ組織の治癒を促進させることが可能となっています。

当院で使用しているレーザー

Waterlase MD(YSGGレーザー)

得意な治療

むし歯治療、根管治療、歯周病治療、顎関節症治療

特徴

Er,Cr:YSGGレーザーと呼ばれる種類のレーザー機器で、水をコントロールして硬組織を削ったり小さな隙間を洗浄したりする使い方ができます。
当院では主に虫歯によるう蝕部分の除去や根管治療に伴う根管の洗浄などに使用しています。
虫歯を除去する場合は、精製水を霧状に噴出させ、微細な水の粒子にレーザーを当てます。
水の粒子にレーザーが当たると小さな爆発を起こり、その推進力によってう蝕部分を切削することができます。
水の粒子をぶつけて虫歯を削る仕組みであるため、レーザーの熱による余計な組織破壊が生じません。
一方、根管治療では根管内に水を噴射し、そこにレーザーを照射して水の振動を起こすことで、根管内の汚れを根こそぎ掻き出せます。

Ez Lase(半導体レーザー)

得意な治療

歯周病治療

特徴

さまざまな治療に活用できる半導体レーザーです。当院では軟組織の外科手術や歯周病治療に活用しています。
Ez laseによる治療はレーザーの照射を断続的に行えるため、熱のコントロールによって治療に伴う痛みを抑制することが可能です。
外科治療では歯肉膿瘍の切開や舌小帯の切除、型取りで邪魔になる余計な歯肉を切除する際などに使用しています。切った瞬間に患部を凝固して止血し、熱による殺菌も同時に行えます。さらに、近赤外線の効果で細胞のミトコンドリアのエネルギー産生を高められるため、治癒を促す効果も期待できます。
歯周病治療においては歯周ポケットの軟組織側(内縁上皮)の殺菌に適しており、ほかの治療と組み合わせることでより大きな効果を発揮できます。

Perio Wave(赤色半導体レーザー)

得意な治療

根管治療、歯周病治療

特徴

赤色半導体レーザーという種類のレーザー機器で、とくに歯磨きでケアしきれない歯根面の歯周病の治療に有効です。
Periowaveを使用した治療では、赤色半導体レーザーが持つ、色のついたものに選択的に反応する性質を利用します。
具体的には、まずはメチレンブルーを主成分とした薬剤を歯周ポケットに塗布し、細菌を着色します。そこにPeriowaveのレーザーを照射すると細菌に浸透した薬剤が反応して活性酸素を出し、細菌を死滅させる仕組みです。
これはPDT(フォトダイナミックセラピー)と呼ばれる治療法で、通常のスケーリングで取りきれない細菌の除去に高い効果を発揮します。また、抗生物質を使う歯周病治療のように耐性菌を生み出さずに済むというメリットもあります。

Lumix2(コールド半導体レーザー)

得意な治療

顎関節症治療

特徴

半導体レーザーの一種で、コールドレーザーと呼ばれる熱が発生しないレーザー機器です。
レーザーが組織の深部にまで到達するという特徴があり、体内の細胞を活性化させることに利用できます。
具体的には、20kHz以上の周波数で点いたり消えたりを繰り返して細胞内の遺伝子に働きかけ、細胞分裂を促進。白血球の数も増えることから、細胞の治癒機能が高まります。
また、組織内に蓄積されている痛みの分子を散らす効果があるため、疼痛の緩和・解消にも利用できます。
当院では外科手術の際の治癒促進や、顎関節症などの開口障害の痛みの除去に使用。除痛に使用する際は、3~10分程度の照射で疼痛が消えます。レーザーの波長が長いため、続けて照射しても癌化の心配はありません。

ページトップへ戻る