インプラント|レーザーを使ったむし歯・歯周病治療は千代田区神田「さとう歯科クリニック」へ

SATO DENTAL CLINIC

  • 完全予約制(保険治療対応あり)

    0352800184

    • BIOHORIXONS
    • Laser

    メールフォーム予約

インプラント

インプラントとは

噛むという行為は、想像以上に強い力を、歯とあごにかけています(奥歯1本にかかる荷重は、その人の体重にほぼ等しいと言われています)。
従来、行われてきた治療法は主に、歯の抜けた後をそのままにし、隣の歯等に抜けた歯の負担を振り分ける方法がとられてきました。
しかし、この方法は抜けた歯以外の歯を削ったりするリスクや、抜けた歯の分の負担を他の歯に補わせる為、健康な歯まで失う可能性を伴うものでした。インプラント治療では、抜けた歯の負担を天然歯と同じようにあごの骨で支え、独立した人工の歯としての治療を可能にしました。

インプラントとは人工の歯根の事で、失われた歯の場所に歯根の変わりになる人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療です。この治療法では、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。
あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、骨の変形も少なくなることが知られています。
インプラントは第二の永久歯と言われるほど、機能的にも見た目にも天然の歯に最も近く、インプラント治療を受けるかたが急速に増えています。

インプラントの構造

インプラントは、あごの骨に直接結合する『インプラント体』、インプラント体と人工の歯とをつなぐ『アパットメント』、実際に歯として活躍する『上部構造(人工歯)』に分かれています。直接、顎に結合するインプラント体には、骨との親和性の良いチタン合金などが使われています。

ジルコニアインプラント

左:チタンインプラント
右:ジルコニアインプラント

チタンは優れた性能をを示すという報告が多数見受けられますが、はたしてチタンはすべての人に対して有用な材料なのでしょうか「金属アレルギー患者にはチタン」というように、金属アレルギーを有する患者にも安心して使用できるのでしょうか?
歯科における他の修復物とは異なり、インプラントの場合には生体内に埋入することによって機能させなくてはなりません。
生体内という特殊な環境下では、チタンにより身体に様々な反応が惹起することが考えらます。
当院では、金属ではない「ジルコニア製のフィクスチャー」を用いたインプラントも対応いたします。

ジルコニアインプラントの特徴

ジルコニアインプラントは骨のなかに埋め込むインプラント体からアパットメントに至るまで、すべてにジルコニアセラミックを使用しているインプラントです。
金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配がなく、高い生体親和性で骨としっかり一体化してくれます。
また、ジルコニアはダイアモンドに近い強度を持つことから耐久性も抜群。天然の骨に極めて近い機能性を発揮して、安定的な状態を長期的に維持しやすくなっています。

こんな方にお勧めします

チタンでも金属アレルギーは生じます。金属アレルギーのリスクを完全に避けるためには、非金属であるジルコニアインプラントが選択肢となります。
また、ジルコニアインプラントは歯肉ともしっかり馴染むため、歯周ポケットができにくく、細菌が繁殖しにくいというメリットもあります。
白い材料であることから歯の付け根周辺が自然な美しさになるので、健康の維持や審美性の高い治療を望まれる方におすすめの治療法といえます。

インプラントの流れ

STEP1. カウンセリング・事前シミュレーション

レントゲン、CTスキャンをとり、事前にシミュレーションを行えると診断がより確実になります。

STEP2.一次手術 所要時間 約30~120分

局所麻酔をし、歯肉を切開します。
歯槽骨にインプラント体より少し小さめの穴をあけ、その穴にインプラントを埋入します。
埋入したインプラントに歯肉をかぶせた状態で縫合すれば、一次手術終了です。

STEP3.治癒期間 所要時間 約3~6ヶ月

インプラントと骨が結合するまで約3ヶ月から長い方で6ヶ月間待ちます。
この間に、インプラントの素材であるチタンと骨とがしっかりと結合し、自分の歯でいう、歯根と同じような役割を果たせるようになります。

STEP4.2次手術 所要時間 約30分 / 治癒期間1~6週間

人工の歯を取り付ける準備をします。
局所麻酔をして歯肉を切開しアパットメントを取り付けます。
切開した歯肉を縫合すれば二次手術終了です。
この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。
二次手術を行わない1回法の手術法もあります。

STEP5.人工歯冠の作成・装着 所要時間 約1週間

歯肉が治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。
形や色などは患者さんに合わせて作製し、インプラントにスクリューで固定します。
噛み合わせの調整をして完了です。
インプラントへの固定は、人工の歯をセメントにより固定する方法もあります。

ページトップへ戻る