医療用レーザーとはどのようなものですか?|レーザーを使ったむし歯・歯周病治療は千代田区神田「さとう歯科クリニック」へ

SATO DENTAL CLINIC

  • 完全予約制

    0352800184

    • BIOHORIXONS
    • Laser

    メールフォーム予約

医療用レーザーとはどのようなものですか?

 

医療用には様々な種類のレーザー機器があります。

診断として利用される血液の流出量を測定するタイプのレーザー機器などがありますが、処置に利用されるレーザーには、大きく2つに分かれます。

 

高出力レーザー

切開、凝固もしくは組織の蒸散といった利用に使われるもの。

これらは、一般に外科用レーザーと呼ばれるものであり、外科メスと置き換えることが可能でだからです。

機能原理は、burning glass 作用(強い光が何かに吸収されるとき、光のエネルギーは熱エネルギーに変換)です。

 

低出力レーザー

それは細胞機能の刺激に利用することができます。これらは細胞活性レーザーもしくは低レベルレーザーと一般に呼ばれます。

これらの生物学的作用は、外科用レーザーのように温熱による作用機序にのっとりません。

代わりにレーザーから発する純粋な光が細胞内で光化学反応を起こします。

太陽光や電球光では、このような効果は得ることができません。

 

ページトップへ戻る