さとう歯科クリニックの器具の滅菌について|レーザーを使ったむし歯・歯周病治療は千代田区神田「さとう歯科クリニック」へ

SATO DENTAL CLINIC

  • 完全予約制(保険治療対応あり)

    0352800184

    • BIOHORIXONS
    • Laser

    メールフォーム予約

ブログ

さとう歯科クリニックの器具の滅菌について

ブログ 

予約を頂いている患者様で使われる予定の器具については、当日診療が始まる前に事前に滅菌して準備しています。そのため、どうしても事前予約を頂く一つの理由になっていることご理解いただきたいと思います。

毎日行っている滅菌の行程日ついて説明いたします。まずは、Medivator社製(Cantel Medical Company) 有機物溶解剤であるInterceptで汚染された器具などを超音波洗浄機内で溶かし、その後別の槽で超音波をかけながら流水洗浄した後にオートクレーブ(高圧蒸気滅菌機)にかけます。

一つ一つディスポーザブルな滅菌袋にいれ、通常のオートクレーブで滅菌したものを紫外線等で保管してあります。また当日患者さんの予約時間の15分前にすでに一度滅菌した器具やハンドピースなども、さらにKavo社製(ドイツ)STERI master 2081で蒸留水を使用した10分ほどで短時間で完全加熱滅菌したものを使用しております。

他、加熱しにくい器具については、一液性過酢酸を使用した除菌洗浄剤Minntec社製(Cantel Medical Company)ダブルエックスを使用しております。細菌細胞壁を浸透し不活性化し、最終的には酢酸となるため自然生体系への影響がありません。短時間で金属を腐食できるほど酸化力がとても強いので、毒性の高い炭疽菌なども短時間で不活化できます。FDAではcold sterilize(非加熱滅菌剤)として認められています。

このような器具の滅菌行程を日頃行っておりますので、治療をお受けになる方は安心していただけるかと思います。

ページトップへ戻る